グルメ

タージのカレーが大川で食べられる?!スプーンが止まらない、辛さとうまさがミックスした伝説の味をオススメしたい!

大川市に九州各地から
人が集まるカレー屋さんがある。

それがインド料理の店、タージだ。
インドカレーを出す店は
今こそ日本各地にあるのだが

どうしてタージが
ここまで人を惹きつけるのか。

その秘密に今回は迫りたい。

タージとは?

福岡市天神の北にある、
親富孝通り。
1970年代から80年代まで
かつては予備校が多く存在し
そこを予備校生が歩いて
通学する事から名前がつけられたところだ。

九州各地から来る若者で賑わい、
活気のある所に1981年
タージは誕生した。

当時は本格的なインドカレーを
提供するお店が少なかった為、
その味のよさも合間って評判になり、

予備校生だけではなく
近隣の会社のサラリーマンも
美味しいカレーを求めてタージに並んだ。

人気だったタージだが、
バブル崩壊後、諸事情により
お店を閉めることになる。

人々に惜しまれながらも
閉店したタージは、
2003年に大川市に移転オープンし
ファンを喜ばせた。

「あのカレーがまた食べれらる」
移転先でもファンがわざわざ福岡市や
別の県から食べに来るのだ。

タージのカレーができるまで。

オーナーの古賀さんは
小さい頃からカレーが大好きな少年だった。
大きくなってもその思いは変わらず

料理人の道を志す為に
高校を中退し単身、上京。

飲食店でアルバイトをする傍ら、
様々なお店を食べ歩いた。

将来持つ自分のお店で出す
メニューのヒントにする為である。

ある日、とあるインド料理屋で
食べたカレーに衝撃を受けた
古賀オーナーはこの味を
福岡に持ち帰りたいと思った。

それはこれまで食べたことのない味、
故郷のどこのお店にもなかった味である。

その味に衝撃を受けた古賀オーナーは
さらに料理の腕を磨く為に
インドやアメリカへ渡り
本場のインド料理を学んだ。

その時の経験が
今のタージを作っているのである。

タージのカレー

現在タージで食べられるカレーは
全13種類。

これらは全て本場インドのレシピという
訳ではなく、日本人の口に合うよう
古賀オーナーが試行錯誤の上
作り上げた自慢のカレーだ。

小麦粉を使わず作っているので
カレーはサラサラでごはんに
染み込む。

独自に配合したスパイスの香りが
食欲を引き立て、
ゴロッと入っている大きな具が
満足度を高める。

遠方から来たお客さんは
せっかくだからと
一人で2〜3種類のカレーを
食べる事もあるのだという。

それでも胃がもたれることが
無いくらいサラッと、
そして食べやすいカレーなのだ。

カレーだけではなく
レディースセットやおつまみセット、
また40種類のスイーツがあり
いろんなお客さんのニーズに
応えている。

何を食べようかいつも
本当に迷い悩むのだ。

私は激辛のインドカリーか
食べ応えのあるバダムカリーが
好きでよく食べる。

どちらもスパイスが効いていて
辛さにびっくりするのだが
しっかりとうまさも感じられて

食べ終わった後には
汗だくになりながらも
満足感がすごいのだ。

カレーを食べた後は
家具の町大川ということで
家具屋さん巡りをしたり

隣の佐賀市や柳川市に
観光に行く事もできる。

歴史を感じさせながらも
新しさもあるカレー、
是非とも味わってもらいたい。

関連記事

  1. 【うきはの美味いカレー屋】種の隣の特製薬膳カレーは体に優しいホッ…
  2. 【篠栗のうまいカレー屋】喫茶陶花のカレーはスパイシーで甘みも感じ…
  3. 【宗像のうまいカレー屋】路のカツカレーがボリュームたっぷりで美味…
  4. 【宇美の美味いカレー屋】のあのキーマカレーは自家製のこだわり野菜…
  5. 【香椎のうまいカレー屋】オスアシリのスリランカカレーがうますぎる…
  6. 【行橋のうまいカレー屋】ガラムガラムのカレーが迷うほどの種類の多…
  7. 【くら寿司 すしやのシャリカレー】シャリカレーとは?シャリとカレ…
  8. 【薬院のうまいカレー屋】博多のカレの辛キーマがスパイスの風味が豊…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP