レシピ

カレーに合うキノコ!ヘルシーで美味しい。調理も簡単な食材なんです。

カレーの具には何を入れていますか?

お肉、魚介類、野菜などなど
色々ありますよね。

今回おすすめする食材はズバリ「「キノコ」です。
キノコはヘルシーで下ごしらえも簡単。
うまみも豊富で食感がよい、
最初から煮ても少し手をかけてトッピングにしてもよし。

今回はカレーに合うキノコをご紹介します。

カレーに合うキノコは!?王道おすすめキノコ

「しめじ」

スーパーや八百屋さんなどで手に入りやすく
味もあっさりとしているので使いやすいキノコ。
煮てもキノコの形が残るので、
キノコが入っているのがわかりやすいです。
石づきをとって、食べやすいよう
小分けにして鍋に入れます。

「まいたけ」

昔は希少なキノコだったので
見つけた人が喜んで舞ったというのが名前の由来。
うまみが強く、程よい食感です。
石づきをとって、食べやすいよう
小分けにして鍋に入れます。

「エリンギ」

カサが小さく茎が太い面白い形をしたキノコ。
かみごたえがあるのが特徴です。
またきのこの中で一番カリウムが入っているのが特徴。
甘みがあるので、カレーの辛味を引き立てます。
石づきをとってスライスして鍋に入れます。

このキノコもカレーに合うんです。おすすめキノコその2

「ブラウンマッシュルーム」

ホワイトマッシュルームと比べて
香りが豊かで風味が強いキノコ。
カレーに入れてもその存在感は失われません。
2〜3等分に切るか手で割いて鍋に入れます。

「しいたけ」

キノコといえばこのキノコ。
うまみが強いのが特徴でよいダシが出ます。
カサが開いた大きなのもあれば小さなものもあります。
石づきを取って半分か4分の1に切り鍋に入れます。

「あわび茸」

その食感や切り口が鮑に似ている所から名付けられたキノコ。
強い香りとシコシコとした食感が特徴です。
手で割かずに包丁で切った方が食感を楽しめるんです。
油と相性がいいので鍋に入れる前に少し炒めると
よりあわび茸のうまさを引き出せます。

トッピングとしてのキノコ

キノコはトッピングにもできます。

「キノコのバターソテー」

しめじの石づきをとり食べやすい大きさに分けます。
フライパンにバターを入れしめじをソテーします。
皿に盛り付けたカレーに乗せて完成!
バターのコクとしめじのうまみが合わさってたまりません。

「ガーリック舞茸」

フライパンにオリーブオイル大さじ1〜2杯と
みじん切りにしたニンニクを入れて香りが出るまで炒めます。
そこに食べやすい大きさに分けた舞茸を入れてソテーします。
皿に盛り付けたカレーに乗せて完成!
ガーリックの香ばしさと舞茸のうまみで風味豊かなカレーに。

「しいたけ&ウインナー」

しいたけは半分に、ウインナーは斜め半分に切ります。
これらをフライパンで炒めます。
少ししんなりして火が通ったら皿に盛り付けたカレーに乗せて完成!
しいたけのうまみとウインナーの塩気が加わって
さらにごはんがすすみます。

カレーにキノコを使う時のポイントは
キノコ2〜3種類を一緒に使うことです。

相乗効果でキノコの旨味も増しますし、
キノコそれぞれの食感が楽しめます。

またキノコはカロリーが低いので
たくさん入れても安心して食べられます。

年中スーパーに売っているという
手に入りやすさもポイントですね。

カレーとキノコとの絶妙な
相乗効果をお楽しみください。

関連記事

  1. パンで広がるカレーライフ
  2. カレーが圧力鍋で美味しく簡単に?!美味しさの秘密。
  3. コスパ最高!節約カレー
  4. 余り物で簡単美味しいごちそうカレー
  5. 知ってて得するなんでもカレーランキング
  6. このカレーラーメンがうまい!お手軽でおいしいオススメの即席麺。
  7. もっとカレーが上手くなる!鍋紹介
  8. 無印良品のカレーが美味しい!簡単手間いらずなのに家庭で本格的なカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP