レシピ

カレーにヨーグルトでワンランク上の味に!下ごしらえからサイドメニューまで色々使える!!

いつものカレーを簡単にレベルアップ!
したいですよね。

でもそんな簡単にできるの?
カレーって手間暇かけないと
美味しくならないんじゃない?

なんて思っていませんか?
手間暇かけなくても簡単に
カレーを美味しくできるんです。

その強い味方がヨーグルト。
今回はカレーの味方、ヨーグルトを紹介します。

漬けるだけ簡単!お肉の下ごしらえをヨーグルトで。

今回使うのは甘みの無い、プレーンヨーグルトです。

材料:鶏胸肉1枚、ヨーグルト(プレーン)100g、カレー粉大さじ2杯、塩少々

ヨーグルトにカレー粉と塩を少々入れてよく混ぜます。

鶏胸肉は皮を取り、食べやすい大きさに切ってヨーグルトに入れます。

漬け込んだまま冷蔵庫で2〜3時間寝かせます。

漬け込みは半日でも、1晩寝かせても大丈夫です。

鶏胸肉はあっさりヘルシーで安い素敵なお肉ですが、

ヨーグルトに漬け込むことでさらにうまみと風味が増して

カレーに合う素材になります。

カレー粉はヨーグルトにも簡単に混ざるので便利ですよ。

切って、漬けて、寝かせるだけ。簡単です。

漬けたお肉を使ったバターチキンカレー

材料:上のレシピでヨーグルトに漬け込んだ胸肉、
         タマネギ1個、人参半分、にんにく一欠片、しょうが半かけ、
         トマト缶1缶、カレー粉大さじ2杯。バター30g、水200cc

① タマネギと人参とニンニク、しょうがをみじん切りにします。

② 鍋を火にかけ、バターを入れて溶かします。
     バターが溶けたらにんにくと生姜を入れて
     香りが立つまで炒めます。

③ タマネギと人参を入れて色が変わるまで炒めます。
     色が変わったらカレー粉を入れて1分程炒めます。
  
④ トマト缶と水を入れて温度が上がってふつふつとしてきたら
    蓋をして3分ほど煮込みます。

⑤ 鶏胸肉をヨーグルトごと加え、ふつふつしてきたら
    蓋をして5分ほど煮込みます。

⑥ 最後にカレー粉や塩で味を整えて出来上がり。

ごはんの進むカレーの完成です。

ヨーグルトを使った付け合わせレシピ!

ヨーグルトは口の中をさっぱりさせるので
付け合せの材料としても合います。

「ヨーグルトフルーツサラダ」

材料:ヨーグルト200g、りんご半分、バナナ1本

りんごとバナナを食べやすい大きさに切ります。
ヨーグルトと混ぜます。以上

簡単です。
フルーツを切るのが大変という方は
フルーツ缶のシロップを抜いて
フルーツとヨーグルトを混ぜるだけでもできますよ。

甘さと酸味でカレーの辛さにやられた口の中が
さっぱりスッキリします。

「ゴーヤーの素揚げ」ヨーグルト添え」

材料:ゴーヤー1本、ヨーグルト300g、塩小さじ半分

ヨーグルトと塩をまぜて塩ヨーグルトを作ります。
ゴーヤーは中のタネごと薄く輪切りにし、
油で素揚げにします。
揚がったゴーヤーと塩ヨーグルトを混ぜて出来上がり。

前にインド料理を食べた時に出てたメニューですが、
目から鱗が落ちました。
ゴーヤーはしっかり揚げるとタネまで香ばしく食べられます。
ゴーヤーの苦味とヨーグルトの酸味が相まって美味しいですよ!

ヨーグルトはカレーに入れても
サイドメニューにしても合うんです。

その酸味やまろやかさが
カレーのトゲトゲしさを
優しくまとめてくれます。

南インド料理のミールスでは
ヨーグルトが小鉢に入っていて、
それをごはんと混ぜてカレーと食べます。

最初はごはんにヨーグルトを混ぜる事に
びっくりしたのですが、
酸味がごはんとあっていて
今ではすっかり好きになりました。

ヨーグルトで新しいカレーの世界を
開いてみませんか?

         

関連記事

  1. カレーに合うキノコ!ヘルシーで美味しい。調理も簡単な食材なんです…
  2. 絶対外さない!人気カレーレシピ
  3. 知ってて得するなんでもカレーランキング
  4. カレーが圧力鍋で美味しく簡単に?!美味しさの秘密。
  5. 無印良品のカレーが美味しい!簡単手間いらずなのに家庭で本格的なカ…
  6. もっとカレーが上手くなる!鍋紹介
  7. カレーの隠し味!簡単に本格的に?!プロもびっくり!!
  8. コスパ最高!節約カレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP