豆知識

美味しく食べて健康に!カレーの秘密

カレー食べたらなんか元気になってきた!
ってことありません?

僕はよくあります。
カレーは美味しくてお腹がいっぱいになるというのは
もちろんなのですけど、
それ以外にもカレーには体を喜ばせる秘密があるようですよ。

このスパイスがすごい!スパイスの特徴。

カレーにはいろんなスパイスが使われていて、
食べる漢方薬とも言われています。
いくつかのスパイスを見てみましょう。

ターメリック
カレーの黄色い色はこのターメリックが出しています。
ターメリックとはウコンのこと。
ウコンに含まれるクルクミンは
肝機能を向上させると言われています。

クミン
カレーのよい香りはこのクミンが出しています。
クミンには食欲増進や消化促進の効果が
あると言われています。

コリアンダー
コリアンダーは中国ではシャンツァイ、タイではパクチー
と呼ばれていて独特な香りと風味があります。
コリアンダーには消化を促進し、食欲を増進させる
効果があると言われています。

夏バテを吹き飛ばす!辛さとうまさの秘密。

熱々のカレーは冬に食べてもおいしいですが、
夏に汗をかきかき食べるのもおいしいですよね。

カレーに使われているスパイスには
食欲を増進させたり、消化を促進する作用があると
言われています。
また、辛さで汗をかくことによって
打ち水効果で涼しく感じます。

具材に使われている食品も夏バテ対策に
向いているものが多々あるんですよ。

豚肉はビタミンB1が入っていて
夏の暑さで疲れた体をケアしてくれます。
またニンニクに含まれている成分、
アリシンは食欲を増進し、ビタミンB1と
結合すると消化を助けてくれるのです。

カレーで食べることによって余すことなく
栄養を摂ることができますよ。

カレーを食べるときの注意点

カレーは美味しいんです。
本当に、いつまでもどれくらいでも食べていたいのです・・・

でもカレーって結構カロリーが高いんですよ。
またごはんなどの主食も合わせてたくさんとってしまいます。
なのでカレーの食べ過ぎでカロリーオーバーに
なってしまうのには気をつけて下さい。

あまり辛くしすぎるのも・・・

カレーの辛さは食欲を増進させ、カレーの魅力の一つです。
でもカレーの辛さは刺激物。あまりに辛くしてしまうと
逆に胃腸の調子を弱めてしまうかもしれません。

カレーを作る時にはいきなり辛いカレーにせず
辛さもうまさも感じられるバランスにしましょう。
また胃腸を守るためにヨーグルトを一緒に食べるのもオススメです。

と少しネガティブなことも書いてしまいましたが、
カレーは子供から老人まで人気で
美味しくて色々な食材がいっぺんに食べられる
とても優れた料理です。

スパイスのパワーを有効に活用するためにも
自分にあった辛さと量で
トッピングや付け合せなんかも加えちゃって
カレーの時間を楽しんでもらえたらと思います。

関連記事

  1. ささっと作れる一人暮らしカレー
  2. カレーの隠し味!簡単に本格的に?!プロもびっくり!!
  3. カレーのシミ落とし!慌てずできるシミ抜きの基本と洗濯のコツ
  4. カレーにもウェルシュ菌が?!食中毒にならない為に菌の事を知ろう!…
  5. コスパ最高!節約カレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP